大田区の斎場のスタッフの方に助けられ無事に葬儀が完了

実母の葬儀で喪主を担うことに

実母の葬儀で喪主を担うことに / 大田区の斎場のスタッフの方の的確なアドバイス / 滞りなく葬儀ができスタッフのサポートに感謝

昨年の夏に実母が亡くなったために大田区葬儀を執り行うこととなりました。
自分は長男であったために喪主として色々と動かなければならず、悲しむ余裕もないままさまざまな手続きや準備に追われて大変でしたが、大田区の斎場のスタッフの方に多くのサポートを受けて無事に葬儀を終えることができました。
斎場の方とのコンタクトは、病院で母を看取った直後からスタートしました。
以前に親戚の葬儀の際にお世話になった方から頂いていた紹介パンフレットをもとに電話連絡をすると、すぐに担当者の方が駆けつけてくれて今後の動きについて一通りの説明をしてもらうことができました。
まずは遺体を運ぶ場所を決めるところからスタートです。
幸い実家には広い部屋がありますので、病院から遺体を実家へと運ぶことを依頼しました。
車両の手配はすぐに行われ、病院側である程度の処置がされたあとに速やかに家の方に運んでもらうことができました。
その後、担当者の方との葬儀についての打ち合わせをすることとなり、そのまま実家で詳細を話し合いました。
話し合いの場には姉も同席して、あとから失敗だったとならないように気をつけながら慎重に一つ一つを詰めていくこととなったのですが、担当者の方はとてもスムーズなアドバイスをしてくれましたのでほとんど迷ったり悩んだりすること無く決定していけるところが心強かったです。